rq16a0410東京電力は10日、福島第1原発で、米ハネウェル社製小型無人ヘリコプター「RQ-16A(Tホーク)」を使い、原子炉建屋内の使用済み核燃料プールなどの確認作業を実施しました。Tホークはガソリンエンジンを搭載、最大10キロ・メートル離れた場所からの無線操縦が可能でGPSを使い正確な位置に空中停止できます。同機は15時59分に離陸し、約30分間、1~4号機の地上150メートル地点から状況を確認した。画像については、11日に公表する予定とのこと