jasdf_ARW「航空救難団」は自衛隊で発生した墜落事故などでの機体・乗員の捜索救難・救助活動を主任務とし、他の救助機関が救助及び出動困難な場合、災害派遣として急患空輸や山岳及び海上における遭難者の捜索救助活動でも出動しています。よって天候や地形など現場の状況が非常に危険で過酷な場合が多く救助における「最後の砦」と言われる存在です。動画では主要機材の紹介や阪神・淡路大震災や岩手・宮城内陸地震等の救出活動が収められています。