LIMA15

2015年3月17日~21日の期間、マレーシア北西部のランカウイ島で海上・航空宇宙展「LIMA ‘15(ランカウイ・エアショー)」が開催されます。隔年に開催されるエアショーではタイ王国空軍、シンガポール空軍、オーストラリア空軍など近隣国の航空機はもとより、アメリカ、ヨーロッパ、ロシア機がデモフライトを予定。会場には31ヵ国から127機関、433の企業や防衛関連団体が参加し、昨年は5日間中4万人の貿易関係者、14万人の一般訪問者が来場しました。マレーシア空軍は米国製とロシア製の戦闘機を並行導入しおり、F/A-18D(ホーネット)やSu-30MKM(フランカー)MiG-29N(フルクラム)など両方の機体を一度に観れるのがエアショー最大の魅力です。開催期間前半3日間がトレードデイ、後半2日間が一般公開のパブリックデーとなります。ランカウイ島には日本からの直行便はなく、バンコク、クアラルンプール、シンガポールのいずれかで乗り換えが必要です。

マレーシア「LIMA ‘15(ランカウイ・エアショー)」の詳細は以下から