mopbomアメリカ空軍研究所で開発が進められていた大型貫通爆弾(MOP)正式名称GBU-57が部隊に本格配備されたと発表がありました。主に核開発を進めている対イラン戦を意識した報道がなされており、このタイミングでの発表はイラクからの米軍撤退を受けての牽制かと考えられています。MOPは従来の貫通爆弾(バンカーバスター)では対処できない、鉄筋コンクリートで保護された指揮、貯蔵施設等の破壊を目的としており、貫通力はBLU-109の約30倍、GBU-28の約9倍で、厚さ60mの鉄筋コンクリートも貫通可能としています。