EC665ティーガーは老朽化が進むSA341「ガゼル」とBo105の後継として西ドイツの「MBB」とフランス「アエロスパシアル」が共同開発した新鋭攻撃ヘリコプターです。胴体やローター部分の多くに複合材料を多用しており、胴体構造の約80%がカーボン複合材となり、機体重量の軽減と強度や耐久性を高めています。内部も最適化されており、最新の赤外線画像認識技術に基づいた画像システム、カラー液晶多機能表示装置、制御ユニットを全てデジタル化しています。