AL100J

2014年7月16日、ロッキード・マーティンはファーンボロ国際航空ショー会場で、アイルランドを拠点とする航空関連サービス会社「ASLアビエーション・グループ(ASL Aviation Group)」よりC-130J(スーパーハーキュリーズ)民間型「LM-100J」を最大10機購入する合意書に署名したことを発表しました。LM-100JはC-130Jのストレッチモデルの民間型として2014年2月3日に計画が発表。C-130Jを基本としグラスコックピット化により2メンクルーによる人員削減、エンジンへ換装による燃費と最大速度が上昇し、既存のL-100シリーズより輸送量が約33%向上する見込みです。受注は今回が初めてとなり、開発プログラムはプロトタイプ製造へ進み2017年前半にFAA形式証明取得を目指します。