DAPA_ARES

2014年2月11日、アメリカ国防高等研究計画局(DARPA)は補給・負傷者後送・空中監視、偵察(ISR)を目的としたVTOL型UAV『ARES(Aerial Reconfigurable Embedded System)』新コンセプトを公開しました。米軍では前線の厳しい地形や危険地帯で利用可能な安価な輸送手段を開発する為2009年にTXプログラムを発表。DARPAでは地形に依存しない交通手段を模索しモジュールを換装することで多目的に運用可能なARESの実証を目標にロッキード・マーティン「スカンクワークス」と共同研究を進めています。