DPRK2003年4月に北朝鮮の貨物船「ポン・ス」が約125キロのヘロインをメルボルン近郊のビクトリア州沿岸に運び込もうとしていたところ発見され、南東部沿岸を4日間逃亡した末にオーストラリア軍にだ捕されました。 オーストラリア政府は同船の処分と北朝鮮への警告をかねて軍事演習の標的船とし、2006年3月23日、F-111戦闘爆撃機がレーザー誘導爆弾2発を発射、同船を撃沈しました。