ys11戦後初の国産旅客機『YS-11』に装備されているエアステア(油圧式内蔵タラップ)を収納している動画です。映像では特徴的な動作音と収納過程が確認できます。YS-11開発当初は地上設備の貧弱な地方空港が多く、ボーディング・ブリッジ等が無いことを想定し追加され、装備されたタラップは機内、機外のどちらからも操作できました。現代でも内蔵タラップはDHC8-Q400やボーイング737等にオプションで装備している機体も多くあります。