iraqf-16

ロッキード・マーティン社は再編中のイラク空軍向けに「F-16C/D(Block52)」18機の供給契約を獲得しました。納入内訳は単座のC型が12機、複座練習機型のD型が6機と補修部品及び支援機材各種サポートも含みます。イラクへの供給は米国の対外軍事援助(FMS)によるもので、金額にして1億9900万米ドル(約156億円)。契約は2009年より交渉が開始され、昨年に両国間で交わされた契約承諾書(LOA)に基づき2014年5月~2016年1月に引き渡し予定。これにより同社のテキサス州フォートワース工場のF-16生産ラインは2016年まで継続されることになります。