anerican0721アメリカ、テキサス州フォートワースに本部を置く航空会大手「アメリカン航空」の親会社「AMR」は20日、2022年までに米ボーイングと欧州のエアバスから旅客機460機を導入すると発表しました。発注はエアバス「A320」260機、ボーイング「737」型機を200機。さらに465機追加のオプション契約・購入権を取得。表示価格の平均をベースにした概算では、価格は合計約385億ドル(約3兆円)にのぼる見通し。契約には初回230機向けに両メーカーによる130億ドルの融資枠が含まれています。