su342012年3月1日、ロシア連邦政府国防省は同国のSu-24(フェンサー)の後継機としてSu-34(フルバック)92機の購入契約をスホーイ社と締結したことを発表しました。これは政府の武器調達プログラム下では最大の戦闘機購入契約となり金額にして1000億ルーブル、(約2,700億円)程になります。ロシア国防省では今後1,500機の新造機調達を予定、Su-34は2015年までに70機、2020年までに92機の導入を完了させ、老朽化が進むSu-24を置き換えるとしています。