Mach_Loop

英国ウェールズ地方に空軍の戦闘機や輸送機等が谷を最低高度100フィート(約30m)で地形追随飛行訓練を実施する「LFA7(Low Fly Area)」空域があり、特に直径8キロ圏内の周回路は『マック・ループ(Mach Loop)』と呼ばれています。標高が高い場所からは訓練機を眼下に見下ろすことのできるので近距離で迫力のある写真が撮れるポイントとして有名です。