Batavia-Air

2013年1月30日、インドネシア、ジャカルタを拠点とする「バタビア航空」が中央ジャカルタ商務裁判所より破産宣告を受け、31日からすべての運航業務を停止し、事実上経営破綻しました。チケットを購入していた乗客に連絡は無くスカルノハッタ国際空港を初めインドネシア各地の空港、バタビア航空の支店や事務所に乗客が詰めかけ、警察や軍が出動する事態に発展しました。負債額は468万米ドル(約4億2500万円)中央ジャカルタ商業裁判所は、バタビア航空の管財人として法律事務所から4人を任命しています。