azultrip2012年5月28日ブラジルサンパウロ市を拠点を置く格安航空会社『アズール・ブラジル航空』と同業『トリップ・リンハス・アエレアス航空』は持ち株会社方式での統合を発表しました。合併が承認された場合、新会社は国内市場の15%、従業員8700人規模、112機の航空機を保有し時価総額でブラジル国内第3位の航空会社となります。全額株式交換による合併で、新会社の株式はアズール側株主が3分の2を、残りをトリップ側が保有することで合意。ただし両社は統合に関する金銭面での条件は非公開としています。両航空は独占禁止法当局と民間航空当局から統合の承認を得るまでは現在のブランド名を継続使用するとのこと。