TF-X

2013年5月6日、米マサチューセッツ州を拠点とするテレフギア(Terrafugia)社は空飛ぶ自動車のニューモデルコンセプト『TF-X』を発表しました。同社では2013年に発売を目指し「テレフギア・トランジション」を開発中ですが、同機は滑走路が必要な軽量スポーツ用航空機であるのに対し、発表されたTF-Xは垂直離着陸型(VTOL)で空港以外の広範囲に離着陸が可能となっています。操縦は高度に自動化され、一般ドライバーなら5時間程で操作方法を習得でき、毎時322キロの巡航速度で自動飛行が可能とされます。不測の事態にパラシュートも搭載し、価格は高級車と同程度を想定。2025年頃の一般発売を目標としています。