Harrier英海軍が防衛予算削減のため2010年11月24日に早期退役させたハリアーGR.9のエンジン、関連部品を含む74機分を米国の海軍と海兵隊で買い取る契約が成立りました。金額にして約1億1500万ポンド(約140億円)で、主に老朽化が進むF/A-18D型の置き換えと米海兵隊のAV-8Bのスペアパーツ用として使用されることになります。売却されるハリアーは1980年から1995年頃に製造された機体で、現在も飛行可能な状態で最低限の整備を施されて保管されていました。