Swiss-Space-Systems

2013年3月15日、スイスに2012年に設立された『スイス・スペース・システム(S3)』は空中発射型小型無人スペースプレーンによる人工衛星軌道投入サービスを発表しました。早ければ2017年にも最初の実験機打ち上げを計画しており、既に欧州宇宙機関(ESA)、フランス航空メーカーダッソー等、複数の企業スポンサーを獲得し、フォンカルマン流体力学研究所やスタンフォード大学から技術協力も得ます。既存の技術を最大限に利用し新技術と組み合わせることで、250kg(550ポンド)までの小型衛星を1,050万ドル(約9億9千万円)と、民間打ち上げ市場価格である40~50億円の1/4と低価格を目標としています。