CVN77X-47B

2013年5月14日、ノースロップ・グラマンは大西洋バージニア州沖で開発中のステルス無人攻撃機「X-47B」が空母より初のカタパルト射出試験に成功したことを発表しました。試験は米海軍原子力空母「ジョージ・H・W・ブッシュ(CVN77)」より11時18分に射出され、いくつかの低高度アプローチを実行、65分間自律飛行の後メリーランド州パタクセントリバー海軍航空基地に帰還しています。無人機による射出試験成功は1910年に有人による発艦成功以来続く歴史を塗り替えるもので、将来の航空戦力を変えうる新たな分岐点の日と言えます。