B727House

中古のボーイング727型旅客機を個人購入し、マイホームに改造したブルース・キャンベルさんの自宅兼事務所の写真です。自宅となったボーイング727-200(S/N:N727SH)は1969年から1999年までギリシャ「オリンピック航空」にて中短距離路線で活躍していましたが、機体寿命の為オレゴン州ヒルズボロ空港でスクラップ業者に売却され解体処分待ちでした。航空ファンのキャンベルさんは長年の夢を実現すべく約10万ドルで機体を購入、自身が所有する土地に運び込む為主翼と尾翼を一旦取り外し2万5000ドルを掛け移動しました。機械エンジニアの彼は機内を自身でリフォームを行い、床をガラス張りに変更、簡易シャワー室等を設置する等、毎日飽きることなく改造を行っています。