atrwinインドネシアのジャカルタを本拠地とする格安航空会社『ライオン・エア』がシンガポールで開催中のエアショーでフランスとイタリアの航空機メーカーの合弁会社ATR社の小型双発ターボプロップ旅客機「ATR72-600」27機の売買契約を締結しました。発注額6億1,000万米ドル(約478億円)。子会社ウイングス・エアによるインドネシア国内の地域路線空路の強化に用いる予定です。同社はこれまでに『ATR72-500』33機を発注済みで、今回の契約により2015年末にウイングス航空が運航するATR72型は計60機となりATRを保有する最大の航空会社になります。