f11117F-111はアメリカのゼネラル・ダイナミクス社が1960年代に開発した大型戦闘爆撃機です。開発当初、高望みしすぎた結果失敗作と見られていましたが、改良を重ね問題を克服しピンポイント攻撃と大搭載能力を発揮し湾岸戦争で大きな戦果を上げたことでも有名な機体です。本機最大の特徴は実用機として初の可変翼・アフターバーナー付きターボファンエンジン・地形追従レーダーなど当時としては最新鋭の技術を多く取り入れていることです。