xp1cracks防衛省が今年度中の部隊配備を目指して開発を進めている海上自衛隊の次期哨戒機「XP-1」の強度試験で、機体に長さ15~20センチの複数のひび割れが見つかったことが判明し、同省は今年度中に3機を配備する計画を先送りする方針を固めました。今年度に3機の配備予定していましたが同省は原因調査や補強の必要があるためこれを断念。P-3Cの運用を延長し、警戒監視に影響が出ないようにする考えとのこと。