写真・まとめ

放置されるソ連版スペースシャトル「ブラン」実用2号機(OK-1.02)・技術開発試験機(OK-MT)バイコヌール宇宙基地MZK格納庫廃墟【写真36枚】

Buran_Baikonur_Ruins

カザフスタン共和国クズロルダ州、ロシアのロケット発射場である「バイコヌール宇宙基地」MZK格納庫に放置されるソ連版スペースシャトル「ブラン」実用2号機(OK-1.02)・技術開発試験機(OK-MT)の写真です。ブランは1991年のソ連崩壊までに6機の各種試験機と3機の実用機の建造と組み立てが行われており、各地に放置・展示されている機体の中でも2機は屋内の為比較的保存状態の良い機内と外観が確認できます。OK-MTは気密封システム、乗組員の脱出手順、保守および安全性確認、飛行マニュアルの作成用に1983年にモスクワで建造。テスト終了後OK-ML-2に改名後VM-Tによってバイコヌールに搬送され、エネルギアロケットとのインタフェースシステム動作テストに使用されています。実用2号機(OK-1.02)はロシア語で小鳥を意味するプチーチュカのニックネームで呼ばれ1988年より組み立てが開始。完成度95~97%とほぼ完成状態でソ連崩壊を迎えそのまま放置されることになります。

「We Can Do It!」第二次世界大戦中、軍用機組立工場で働く女性労働者「ロージー・ザ・リベッター」プロパガンダ用カラー写真【写真41枚】

Pictures-of-Women-at-Work-During-WW2-Restored-in-Color

第二次世界大戦中、1942年頃にアメリカ合衆国政府の情報・プロパガンダ機関「戦時情報局(Office of War Information,以下 OWI)」専属カメラマン「アルフレッドT・パーマー」が撮影した軍用機組立工場で働く女性労働者「ロージー・ザ・リベッター」プロパガンダ用カラー写真です。1941年第二次世界大戦が勃発したアメリカでは45歳未満の男性の多くが志願、もしくは軍に召集され、国の産業労働力にギャップが生まれました。これをを埋めるためアメリカ政府は産業労働者としての女性の雇用を促進。OWIに全米の航空機製造工場で働く女性労働者を撮影し販売促進ポスター、広告、ニュース記事を作成しました。写真には軍需品を生産する「ロージー」とあだ名された女性たちが化粧をし真新しい服を着て軍用機のリベット打ちやエンジン、部品の組み立て、塗装などを行う様子が写されています。戦時中にジェラルディーン・ホフという女性工員のモノクロ写真を元としたプロパガンダポスター「We Can Do It!」が1980年台に再発見され、特徴的なイメージは話題となり、現代でも広告やパロディ画像として世界中で人気があります。

ロシア海軍黒海艦隊「第917独立混成航空連隊」Be-12・An-26、クリミア自治共和国カーチャ飛行場【写真34枚・動画1点】

917th_AirRegiment

ウクライナ南部のクリミア自治共和国(現ロシア連邦:クリミア共和国)「セヴァストポリ連邦市」を拠点とするロシア海軍黒海艦隊「第917独立混成航空連隊」カーチャ飛行場の写真です。撮影日はロシアとウクライナの対立が激化する前の2010年で駐屯地や博物館・記念公園を見学する人々の穏やか様子の他、Be-12、An-26両機のコクピットや機内が写されています。同連隊の水陸両用対潜哨戒飛行艇「Be-12(チャイカ)」はロシア海軍で唯一飛行可能な機体ですが、既に製造から半世紀近くが経過しており老朽化が問題となっていました。クリミア共和国を編入したロシア政府は対グルジア、NATO諸国最前線として重要な地とし後継機の多目的水陸両用飛行艇「Be-200PS」等を優先的に配備していく方針です。

自宅に「パンアメリカン航空(パンナム)」ボーイング747キャビンを完全再現。子供のころからの夢を叶えた航空ファン【写真19枚】

replica-of-a-Pan-Am-747-jet

かつてアメリカを代表する航空会社として絶大な知名度を誇った「パンアメリカン航空(パンナム)」のボーイング747-SP機内キャビンを自宅に再現し、子供のころからの夢を叶えた航空ファンの写真です。ロサンゼルス在住のアンソニー・トス(Anthony Toth)氏は子供の頃から飛行機が大好きで、特に世界最大の航空会社「パンナム」に憧れ、搭乗の度に機内をカメラで撮影しパンフレットやヘッドホン、トレーに食器等をコツコツと収集していました。最終的には「パンナムのファーストクラスで毎日好きな時に自由に楽しみたい」という夢を抱くようになり20~30代の頃マンションのリビングルームに簡易キャビンを作成。満足できない彼は戸建ての家を購入し地下にファーストクラスとクリッパークラスのキャビンを20年以上の歳月と5万ドルを掛け再現しました。休日には友人や航空愛好家の仲間が頻繁に訪れ、持ち寄った機内食や飛行機の写真や映像、パンナムの映画を上映し楽んでいます。

ロシア航空機製作会社「ミグ(RSK MiG)」半完成機在庫置き場、インド空・海軍向け「MiG-29(フルクラム)」組立・改修工場【写真59枚・動画1点】

MiG-29K__Factory

ロシア航空機製作会社「ミグ(RSK MiG)」の半完成機在庫置き場と隣接するインド空・海軍向け「MiG-29(フルクラム)」組立・改修工場を撮影した写真です。工場はロシア・モスクワ州南東部の都市「ルホヴィツィ」の所在し、ソ連時代に大量生産された完成・半完成機と部品が在庫置き場として閉鎖した製造ラインに大量に保管されています。部品は1980年台からソ連崩壊までに製造された古い機材が多く、中には次期練習機として不採用となったMiG-ATも確認できます。最盛期には数十万人を雇用しソ連を代表する巨大工場でしたが現在はロシアとインド空軍機のレーダー・アビオニクス換装、寿命延長等の近代改修作業とインド海軍向けMiG-29K組立を細々と進めています。2012年3月にはロシア海軍より「MiG-29K」が2014年4月15日には「MiG-29SMT」16機受注しており、徐々に財政状態は改善してきています。

アメリカ国際貨物航空会社大手「UPS(ユナイテッド・パーセル・サービス)」仕分・集配センター夜勤現場【写真33枚】

United-Parcel-Service

世界最大のエクスプレス・キャリアー及び国際貨物航空会社「UPS(ユナイテッド・パーセル・サービス)」仕分・集配センターの夜勤現場を撮影した写真です。1907年にメッセンジャー・カンパニーとして米国に設立されて以来、フェデックスやDHLと並ぶアメリカを代表する貨物運送会社として世界220ヵ国以上の国と地域で一日あたり1600万個以上の荷物を扱っています。保有機材は747-400F、757-200PF、767-300ERF、MD-11F等のフレイター機を中心にA300-600R等、航空機237機運用しています。写真では747-400Fの貨物室や珍しい内側からのノーズ部分、UPSの仕分けライン、ディスパッチセンター、税関、夜勤で働く従業員等が写されています。

太平洋戦争の一大分岐点「ミッドウェー海戦・アリューシャン列島戦」アメリカ軍視点【写真45枚】

Battle-of-Midway

太平洋戦争中、大日本帝国海軍機動部隊とアメリカ海軍が激突した太平洋戦争の一大分岐点「ミッドウェー海戦」と作戦の陽動として同時に実行されたアラスカ「アリューシャン列島戦」を撮影した写真です。「山本五十六」連合艦隊司令長官の短期戦で勝利し、早期和平という戦略の元、昭和17年(1942年)6月5日、南雲忠一中将が指揮する空母『赤城』・『加賀』・『蒼龍』・『飛龍』を中心とした機動部隊による作戦が開始。激戦の末アメリカ海軍航空母艦「ヨークタウン」、駆逐艦「ハンマン」、航空機約150機を撃破するも日本海軍は作戦参加の全空母4隻、航空機約300機、兵士3,000人以上を失うという大敗を喫し、以後の作戦の主導権をアメリカ軍に奪われることになります。同時期に実行されたアリューシャン列島作戦で墜落した零戦をほぼ無傷で鹵獲され、徹底的な分析の結果、零戦の優位性が早期に失われました。写真は従軍カメラマンや兵士が撮影したもので、当時の実戦の様子や救助された日本兵捕虜等の貴重な場面が確認できます。

ロシア最大のケータリング会社「ドモジェドヴォ国際空港ケータリングサービス」機内食生産工場【写真42枚】

Domodedovo_Airport_Catering

ロシア最大のケータリング会社「ドモジェドヴォ国際空港ケータリングサービス」機内食生産工場を撮影した写真です。空港に隣接する同工場は敷地総面積約2400㎡、欧米並みのハイテク設備を完備し24時間稼働する工場では一日80,000食の機内食を生産しています。外国籍の航空会社が多数乗り入れている為、宗教食、ベジタリアン、チャイルドミールなど特別食の他、路線に合わせた料理、デザート、お菓子など幅広い選択肢に対応する為1500人以上の料理人や資格を持つ職人が働いています。特にファーストクラスの機内食にはミシュランガイドで星を獲得した世界クラスのシェフが参加し力を入れています。

欧州第4.5世代スイングロール戦闘機『ユーロファイター タイフーン(Eurofighter Typhoon)』最終組立工場【写真23枚】

Eurofighter_Factory

イギリス、ドイツ、イタリア、スペイン4ヶ国が共同開発した欧州第4.5世代スイングロール戦闘機『ユーロファイター タイフーン(Eurofighter Typhoon)』の各国の最終組立工場を撮影した写真です。生産は1986年に開始した開発プログラムに基づき、イギリスとドイツ(旧西ドイツ)が33%、イタリア21%、スペイン13%の作業分担を担い、Premium AEROTEC(ドイツ)がメイン中央胴体。EADS CASA(スペイン)が右翼・スラット。BAEシステムズ(イギリス)がフロント胴体、キャノピー、テールフィン、フラップ、後部胴体部品。アレニアアエルマッキ(イタリア)が左翼、フラッペロン、後部胴体部分を生産しています。近代改修も想定している最終組立工場は上記4ヶ国にあり、組立ラインや人員数の違いから年間最大生産規模が異なります。

退役したYak-42ジェット旅客機を教室に改造。園児が楽しく学ぶ、私立「グルジア飛行機幼稚園」【写真13枚・動画1点】

Aeroplane_Kindergarten

グルジア南東部の都市ルスタビに退役したグルジア航空のYak-42ジェット旅客機を教室に改造した私立「グルジア飛行機幼稚園」の写真です。同機は園長であるガリ・チャピゼ氏が「園児が自発的に遊べ、毎日楽しく学べる教室」として中古機を購入、教材や遊具・玩具を設置し、床をフローリングに大改造。ただ、コクピットは操縦桿やコントロールパネル、ヘッドホン等を当時のままにしているので園児たちはパイロットやCAごっこをして毎日楽しく遊んでいるようです。正式名称は私立グルジア・ルスタビ幼稚園ですが、本物の旅客機を教室にした幼稚園として国外でも話題になり地元では飛行機幼稚園と呼ばれています。保護者からの評判も高く、公立幼稚園に比べ費用が高いものの入園待ち状態となっています。日本ではT-2高等練習機のある幼稚園として佐賀県鹿嶋市の「子鹿幼稚園」が有名です。
スポンサードリンク


ギャラリー
  • ボンバルディア、カナダのフラッグキャリア「エア・カナダ」より「CS300」最大75機受注。カタログ総額63億ドル(約7,000億円)
  • 三菱航空機、航空機リース会社「エアロリース」よりMRJを最大20機受注。カタログ総額9.4億ドル(約1,080億円)
  • 三菱航空機、航空機リース会社「エアロリース」よりMRJを最大20機受注。カタログ総額9.4億ドル(約1,080億円)
  • エアバス、イランのフラッグキャリア「イラン航空」より全ファミリー118機受注。カタログ総額250億ドル(約2兆9,000億円)
  • エアバス、イランのフラッグキャリア「イラン航空」より全ファミリー118機受注。カタログ総額250億ドル(約2兆9,000億円)
  • ボーイング、シリーズ最新モデル「737 MAX 8」ファーストフライトダイジェストムービー
  • ボーイング、シリーズ最新モデル「737 MAX 8」ファーストフライトダイジェストムービー
  • ボーイング、シリーズ最新モデル「737 MAX 8」ファーストフライトダイジェストムービー
  • ボーイング、シリーズ最新モデル「737 MAX 8」ファーストフライトダイジェストムービー
  • ボーイング、シリーズ最新モデル「737 MAX 8」ファーストフライトダイジェストムービー
  • ボーイング、シリーズ最新モデル「737 MAX 8」ファーストフライトダイジェストムービー
  • エアバス、日本のフラッグキャリア「ANA」よりA380を3機受注。カタログ総額12.3億ドル(約1,500億円)
アーカイブ
スポンサードリンク


Aviation Data Focus について

「Aviation Data Focus」は世界中の航空機情報やニュースを掲載しています。アクセス増加や広告収益などの目的で記事を丸写しまたは加工し、自サイトのコンテンツのように使用する、またはそれに類する行為はお止めください。

記事検索
amazon

今月発売の新書・Kindle・DVD・ゲーム

J Wings (ジェイウイング) 2016年4月号
J Wings (ジェイウイング) 2016年4月号

航空情報 2016年 03 月号 [雑誌]
航空情報 2016年 03 月号 [雑誌]

航空ファン 2016年3月号
航空ファン 2016年3月号

AIRLINE (エアライン) 2016年3月号
AIRLINE (エアライン) 2016年3月号

AIR STAGE (エア ステージ) 2016年3月号
AIR STAGE (エア ステージ) 2016年3月号

MAMOR(マモル) 2016 年 03 月号 [雑誌] MAMOR (デジタル雑誌)
MAMOR(マモル) 2016 年 03 月号 [雑誌] MAMOR (デジタル雑誌)

丸 2016年 02 月号 [雑誌]
丸 2016年 02 月号 [雑誌]

モデルアート 2016年 03 月号 [雑誌]
モデルアート 2016年 03 月号 [雑誌]

軍事研究 2016年 02 月号 [雑誌]
軍事研究 2016年 02 月号 [雑誌]

MC ☆ あくしず 2016年2月号
MC ☆ あくしず 2016年2月号

MILITARY CLASSICS (ミリタリー・クラシックス) 2016年3月
MILITARY CLASSICS (ミリタリー・クラシックス) 2016年3月

Scale Aviation 2016年 01 月号 [雑誌]
Scale Aviation 2016年 01 月号 [雑誌]

航空旅行 2016年3月号
航空旅行 2016年3月号

ラジコン技術 2016年 01 月号 [雑誌]
ラジコン技術 2016年 01 月号 [雑誌]