2003年より開始されたイラク戦争で、米国は開戦と同時に圧倒的な戦力で制空権を確保し、短期間のうちに制圧しています。制圧後開戦理由である大量破壊兵器捜索に乗り出しますが、その際米軍探索チームはバグダット近郊にある「アル・タカダム空軍基地」から西の砂漠地帯に複数の戦闘機が隠匿されているのを発見します。埋められていたのは戦術偵察爆撃機型「MiG-25RB(フォックスバット)」と対地攻撃機「Su-25(フロッグフット)」及び搭載兵器で、大型重機により採掘を行っています。掘り出されたMiG-25(シリアル番号:25105)は調査の為、米オハイオ州の空軍施設に運び込まれています。
ぼくの見た戦争―2003年イラクぼくの見た戦争―2003年イラク
高橋 邦典

戦場カメラマンという仕事 (洋泉社MOOK) MOTHER TOUCH 戦場からのメッセージ (タツミムック) SHOOT ON SIGHT 最前線の報道カメラマン 世界中の息子たちへ FRAMES OF LIFE

by G-Tools

Via:Iraqi Russian MiG Dug Up from Desert

1
7ea7e898.jpg


2
a26a2a22.jpg


3
7132e981.jpg


4
e6d81c90.jpg


5
ff061eee.jpg


6
ddcb7302.jpg


7
8586864b.jpg


8
9204c3db.jpg


9
75fc148a.jpg


10
5fa2ddb9.jpg


11
1028c521.jpg


■関連記事
壊滅した旧イラク空軍の残骸。アメリカ兵に破壊され、落書きだらけで放置される『MiG-23(フロッガー)』【写真19枚】