f-15active

アメリカ空軍からNASAに移管され、ドライデン飛行研究センターで各種研究に用いられた『F-15 ACTIVE』の記録写真です。同機は短距離離着陸機の開発実験を主要目的とした「アジャイル・イーグル」プロジェクト「F-15 S/MTD」が原型で、米空軍の複座型F-15B(71-0290)に大幅な改造を加えていました。エア・インテイク上部にF/A-18の水平尾翼を流用したカナードを追加、エンジンにはスラスト・リバーサ(逆噴射装置)付きの2次元1軸の推力偏向ノズルを搭載し、これらを制御するフライ・バイ・ワイヤを使用した統合型飛行推進制御(IFPC)システムにより高い運動性を実現していました。ACTIVEはS/MTDの基本フレームをそのままに、エンジンをF100-W229に換装、排気口も3次元推力偏向ノズルにし、航空機の操縦ソフトウェアを中心とした研究「統合先進制御技術(Advanced Control Technology for IntegratedVehicles)」のテストベッドに用いられ、1996年4月24日から1999年まで各種実験を行い、得られた技術は新型機の開発に貢献しました。1999年以降は「F-15 IFCS」に改名し被弾や故障などにより飛行に支障が出た際に影響を自動的に「学習」し対応する「知的飛行制御システム」の研究に用いられました。2007年からは衛星通信・追跡技術とデータリンクシステムの研究に移行し「F-15B SBRDC/ECANS」に改名しています。
世界の名機シリーズ F-15 イーグル (イカロス・ムック 世界の名機シリーズ)世界の名機シリーズ F-15 イーグル (イカロス・ムック 世界の名機シリーズ)
Jウイング編集部

F-16ファイティング・ファルコン (イカロス・ムック 世界の名機シリーズ) F/A-18ホーネット/スーパーホーネット (イカロス・ムック 世界の名機シリーズ) F-22ラプター増補版 (イカロス・ムック 世界の名機シリーズ) F-35ライトニングⅡ (世界の名機シリーズ) A-10サンダ-ボルト2 (世界の名機シリーズ)

by G-Tools

1 改良された3次元推力偏向ノズルの地上テスト(1995年11月13日撮影)
baf38388.jpg


2
15687133.jpg


3
b71a56bc.jpg


4
189f4d43.jpg


5
7b0e4489.jpg


6
8ae1454d.jpg


7
a873e3de.jpg


8
52a42cb4.jpg


9
16a59853.jpg


10
65cc532f.jpg


11
c95cab59.jpg


12 NASAのパイロット「ロジャース・スミス」とカメラマン「カーラ・トーマス」がF-18チェイス機に搭乗(1996年3月撮影)
82ca9f50.jpg


13 F-15B(NASA 836)チェイス機と『F-15 ACTIVE』。フェーズ2A(1996年11月撮影)
117c96dc.jpg


14
263b7f42.jpg


15
3b028417.jpg


16
e5a34c0d.jpg


17
b7b273fe.jpg


18
46294ffa.jpg


19
aa513572.jpg


20
18a6cf23.jpg


21
6ce8ea35.jpg


22
c664f286.jpg


23
cd5843d7.jpg


24 F-15 IFCS(2002年12月6日撮影)
850bf530.jpg


25
70041f74.jpg


26
79b29a3b.jpg


27
abe4c9e2.jpg


28
8ffe48de.jpg


29
a9fbcfd1.jpg


30 KC-135空中給油機からの給油試験(2005年7月22日撮影)
64205ff1.jpg


31
ad72ea5a.jpg


32
963327a6.jpg


33 F-15B SBRDC/ECANS(2007年2月26日撮影)
49e08bab.jpg


34
cc34ce00.jpg


35
55d0b717.jpg


36
9cb45cfa.jpg


37
6abd0310.jpg


38
345ddd4e.jpg


39 エドワーズ空軍基地電波無響室でアンテナ放射パターンのテスト(2007年2月2日撮影)
f4f6adfc.jpg