y803033月2日午後、中国海軍Y-8哨戒機と、Y-8洋上偵察機の2機が東シナ海の日中中間線を超えて南下、尖閣諸島付近の領海から約55キロまで接近し、航空自衛隊が戦闘機をスクランブルさせていたことが分かりました。1時間半程警戒監視を続けたところ、2機は進路を西に変更し日本の防空識別圏外に出ました。防衛省によりますと、中国の軍用機が尖閣諸島にこの距離まで接近したのは初めてだということです。
Y-8は旧アントノフ設計局のAn-12輸送機をコピー生産したものであり基本形の軍用輸送型を中心に電子戦機や哨戒機等多彩なバリエーションがあります。近年は同機をベースに早期警戒機も開発しています。
中国海軍はここ数年、艦艇が東シナ海周辺での活動を活発化させており航空自衛隊のスクランブルも増加しています。

何かのために sengoku38の告白何かのために sengoku38の告白
一色正春

サムスン栄えて不幸になる韓国経済 中国が攻めてくる! 日本は憲法で滅ぶ TPP亡国論 (集英社新書) 誰も見たことのない日本の領土 DVD (別冊宝島) (別冊宝島 1724 ノンフィクション) TPPが日本を壊す (扶桑社新書)

by G-Tools