b-10712ロックウェル・インターナショナル社が開発したB-1戦略爆撃機(ランサー)の改修事業を同社を吸収したボーイング社が受注しました。改修作業は主にアビオニクス、コクピット周りが中心で3つのメジャーアップグレードを含む1ロット分、9950万ドルの契約となります。全体で複数ロットで実施する予定で2012年後半から2019年にかけて改修を完了する計画となります。
改修の一つに前部コクピットにある2台モノクロディスプレイを4台のカラーMFDに交換することで、表示装置をフルカラーディスプレイに一新、後部コクピットも機体状況のリアルタイム監視を行うコンピュータと表示装置が搭載されます。これは地上からの遠隔トラブルシューティングにも使えるとのこと。現在搭載予定の改修キットは試作段階ですが、今後搭載次第最終的な地上試験から飛行試験に入る予定です。B-1は超音速で敵領空内に低空侵入する長距離戦略核爆撃機として開発されましたが、現在は緊急近接航空支援という以前とはまったく別の任務を担っています。

【データ分析】 大学入試 アップグレード UPGRADE英文法・語法問題 改訂版【データ分析】 大学入試 アップグレード UPGRADE英文法・語法問題 改訂版
霜 康司 刀祢 雅彦 麻生 裕美子

システム英単語 Ver.2 Next Stage英文法・語法問題―入試英語頻出ポイント215の征服 基礎英文解釈の技術100 新装改訂版 (大学受験スーパーゼミ徹底攻略) 英文解釈の技術100 新装改訂版 (大学受験スーパーゼミ徹底攻略) 必修英文問題精講

by G-Tools