jal787JALは、中期経営計画の戦略機材であるボーイング社787-8に加え、その長胴型である787-9を20機発注致しました。内10機については、787-8からのモデル変更を、内10機については新規に発注することとし、2015年度以降に国際線の中長距離路線を中心に導入する予定です。これよりJALの787は787-8が25機、787-9が20機の合計45機(その他、オプション機20機)となります。JALではLCCが苦手とする欧米や東南アジア路線をはじめとした中長距離路線に787-9を集中投入し、差別化と新規路線獲得を狙います。


787-9は、787-8の胴体を延長したモデルで、国際線仕様の場合、787-8よりも約50席程度多く配席できるため、787-8の高い運航性能をそのままに、席あたりコストの低減も実現することができます。JALは2010年1月の経営破綻から縮小路線をたどってきましたが、今回の経営計画では成長路線に一転。グループ全体で4780億円を新機材に投入します。

B787に懸けるANAの野望B787に懸けるANAの野望
杉浦一機

BOEING(ボーイング)787ドリームライナーのすべて (イカロス・ムック) ANA旅客機まるごと大百科 (サイエンス・アイ ピクチャー・ブック) ボーイング787まるごと解説 21世紀にふさわしいハイテク中型旅客機“ドリームライナー”の開発から就航まで (サイエンス・アイ新書) AIRLINE (エアライン) 2011年 11月号 [雑誌] ANA BOEING787 フ (イカロス・ムック)

by G-Tools