a320neoALC_m米カリフォルニア州ロサンゼルスを拠点とする航空機リース会社のエア・リース・コーポレーション(ALC)が36機のA320neoファミリーを正式発注する契約を締結したことを発表しました。36機の内20機はA320ファミリーの最大機種であるA321neo。さらに同社はオプションで14機のオプション契約を行っています。今回の正式発注は、2011年のパリ航空ショーで交わされた覚書に基づくものでエンジンの選定は今後行われます。この発注により、ALCが発注するエアバス機はA320ファミリーが50機、A320neoファミリーが36機、A330ファミリーが14機の合計100機に到達します。


2010年創業のエア・リース・コーポレーションは世界中の航空会社を顧客として抱えており、全大陸を網羅しています。近年は特にアジアでの航空機リース事業で急速に拡大を続けています。アジアで航空機契約を交わしている顧客企業には、スカイマーク、大韓航空、中国国際航空、中国東方航空、中国南方航空、エアチャイナ、アシアナ航空、ガルーダ・インドネシア航空、ミアットモンゴル航空、オリエント・タイ航空、ベトナム航空等があります。

■エア・リース・コーポレーション(ALC)プレスリリース(英語)
Air Lease Corporation Firms Up Order For 36 A320neo Family Aircraft

最新リース取引の基本と仕組みがよーくわかる本―仕組みからメリット、実務、業界動向まで (How‐nual Business Guide Book)最新リース取引の基本と仕組みがよーくわかる本―仕組みからメリット、実務、業界動向まで (How‐nual Business Guide Book)
加藤 建治

リースの知識 (日経文庫) キーワードでわかるリースの法律・会計・税務 図解入門ビジネス 最新減価償却の基本と仕組みがよーくわかる本 (How‐nual Business Guide Book) 契約手続きから会計処理まで リースの知識と実務 Q&A リースの会計・税務 (日経文庫)

by G-Tools