2012年9月16日、中国遼寧省(りょうねいしょう)瀋陽にある瀋陽飛機工業集団の工場滑走路で、今まで実機の存在が確認されていない新型のステルス戦闘機と思われる機体が撮影され、ネットに出回りました。機体形状は成都飛機工業公司が開発中のJ-20とは明らかに違い、より小型でカナードが無く、米国のF-35に近いようですが、双発となっており、エンジンは外観からクリモフ「RD-93」ターボファンエンジンの可能性が高いようです。2012年6月23日に動画サイトにアップされた大型トレーラーで運搬した機体の可能性もありますが、性能、名称、開発経緯等不明な点が多く、呼称についてはJ-21、J-31、F-60と複数見られます。
第5世代戦闘機F-35の凄さに迫る!  垂直着陸、HMD、多用途性などF-22に次ぐステルス戦闘機の全容 (サイエンス・アイ新書)第5世代戦闘機F-35の凄さに迫る! 垂直着陸、HMD、多用途性などF-22に次ぐステルス戦闘機の全容 (サイエンス・アイ新書)
青木 謙知

F-35ライトニングⅡ (世界の名機シリーズ) F-22はなぜ最強といわれるのか ステルス、スーパークルーズなど最新鋭戦闘機に使われるテクノロジーの秘密に迫る (サイエンス・アイ新書) 世界最強!アメリカ空軍のすべて 戦闘機から攻撃機、爆撃機、次世代機まで、保有戦力の全貌がいま明らかに! (サイエンス・アイ新書) 次世代戦闘機 F-35 ライトニングII イージス艦はなぜ最強の盾といわれるのか 圧倒的な防空能力をもつ戦闘艦の秘密 (サイエンス・アイ新書)

by G-Tools

1da09aaa.jpg


1a290234.jpg


5e8452ad.jpg


52e0fbc7.gif

■参照記事:Defense Update
A New Stealth Fighter Unveiled in China