taiwanF16

2012年10月1日、米ロッキード・マーティン社は台湾空軍の主力戦闘機F-16A/B(ブロック20)145機のアップグレード事業を、アメリカ政府から18.5億ドル(約1,450億円)で受注したことを発表しました。アップグレードプログラムは今年始めに同社がシンガポール・エアショーで発表したF-16V仕様をベースとし新型AESAレーダーとミッションコンピュータ、タッチパネル式の大画面カラー液晶ディスプレイを備えたグラスコックピットに更新されます。元々台湾空軍のF-16A/B型は改良型で、F-16C/Dに近い能力を持っていましたが、今回のアップグレードにより、アラブ首長国連邦のF-16E/Fに匹敵する性能となります。
F-16ファイティング・ファルコン (イカロス・ムック 世界の名機シリーズ)F-16ファイティング・ファルコン (イカロス・ムック 世界の名機シリーズ)
Jウイング編集部

世界の名機シリーズ F-15 イーグル (イカロス・ムック 世界の名機シリーズ) A-10サンダ-ボルト2 (世界の名機シリーズ) F/A-18ホーネット/スーパーホーネット (イカロス・ムック 世界の名機シリーズ) JAS39 グリペン (イカロス・ムック 世界の名機シリーズ) F-22ラプター増補版 (イカロス・ムック 世界の名機シリーズ)

by G-Tools

こうした動きに対し、中国外交部は強く反発しています。張志軍(ジャン・ジージュン)副部長は計画が発表された昨年には米国のゲイリー・ロック駐中国大使に出頭を求めたほか、中国の張業遂(ジャン・イエスイ)駐米国大使も米国側に強く抗議しています。このためアップグレード作業は「改装」工程とし、中国大陸の不満をそらすため、徐徐に進めるとしています。

■ロッキード・マーティン:プレスリリース
Lockheed Martin Awarded Upgrade Contract For 145 F-16S Of The Republic Of China Air Force