c919

2012年11月13日、中国珠海で開催されている「第9回中国航空・宇宙展覧会」において中国商用飛機有限責任公司(COMAC)が開発中の新型国産旅客機「C919」が50機受注したことが発表されました。発注したのは河北航空投資集団有限公司と幸福航空が各20機、米ゼネラル・エレクトリックの子会社のGEキャピタル・アビエーション(GECAS)が10機です。これで、中国産中・大型航空機の供給先は15社、受注累計は380機になり、採算ラインである300~400機に到達したことになります。また、COMACは1991年に経営破綻した米航空会社イースタン航空の再生支援で暫定合意を結んだことを明らかにしています。

決定版 世界の旅客機FILE決定版 世界の旅客機FILE
青木 謙知

決定版 世界の航空母艦FILE 決定版 世界の軍用機FILE 最強 世界の歩兵装備図鑑 決定版 世界のジェット戦闘機FILE―SINCE 1945 決定版 第二次大戦 激戦FILE 99

by G-Tools

C919は座席数150席クラスの中型旅客機で、エアバスやボーイング社の独占市場に対抗する機種として国を挙げて開発しています。標準型機は168人乗り、航続距離は4,075km、経済寿命は約9万飛行時間。2014年に初飛行を予定し、2016年から航空会社への引き渡しを始める計画です。実績が無い為、海外から受注は殆ど無いものの、中国国内だけで300機以上獲得。アイルランドの格安航空会社ライアンエアー等も購入に関し協議を行っています。

■中国商用飛機有限責任公司(COMAC)プレスニュース
第九届珠海航展开幕:国产大飞机C919订单再增加50架 总数达380架