Qaher-313

2013年2月1日、イラン国防軍需省は同国が独自開発したステルス能力を有する新型戦闘機のプロトタイプ『ガーヘル313(Qaher 313)』が報道陣に公開され、翌2日メヘラバード空軍基地で記念式典が開かれました。式典にはマフムード・アフマディーネジャード大統領を始めヴァヒーディ国防軍需大臣、シャーサフィー空軍司令官が一堂に出席し、開発成功の功績を称えました。ガーヘル313はレーダー断面積(RCS)が非常に小さく探知されにくい現代の最新戦闘機の性能を備えると共に低高度運用能力を有する優秀な戦闘機であると軍需大臣が述べています。発表は反欧米化となるイラン革命成功から34周年と合わせており、アメリカに対抗できる抑止力を国内外に知らしめる狙いがあると考えられています。
世界のステルス戦闘機完全ガイド (イカロス・ムック)世界のステルス戦闘機完全ガイド (イカロス・ムック)

J Wings (ジェイウイング) 2013年2月号 J Wings (ジェイウイング) 2013年1月号 ビジュアル・マスターファイル F-14トムキャット 世界の艦船 2013年 03月号 [雑誌] 10式戦車パーフェクトガイド (イカロス・ムック Jグランド特選ムック)

by G-Tools



698db712.jpg


36bc8ca6.jpg


1bcc77c3.jpg


38253283.jpg


22db56f3.jpg


abeeb16f.jpg


発表によるとプロジェクトはイラン防衛省の一部「イラン航空産業機構(AIO)」によって設計開発されたもので、同国独自開発のものであると主張しています。イラン国営テレビでは『ガーヘル313』が飛行している映像を公開していますが、遠目からの不鮮明な状態で飛行しているのが、小型の無人実証機なのか、実機なのかは不明です。

■参照記事:PRESS TV
Iran president unveils Qaher-313 indigenous fighter jet