saker-S-1

2013年6月3日、米テキサス州を拠点とするベンチャー企業「セーカー・エアクラフト(Saker Aircraft)」社は戦闘機風デザインの世界最速民間パーソナルジェット機『Saker S-1』を発表しました。公開されているカタログスペックでは全長40.5フィート(12.3m)、全高15フィート(4.6m)、翼幅27フィート(8m)。タンデム複座、ウィリアムズ「FJ44-4」ターボファンエンジンを2基装備し、マッハ0.95で巡航、最大巡航速度はマッハ0.99で飛行が可能。ペイロードは2,720kgで1,500フィート(457m)の短い滑走路から離着陸ができ、最大航続距離1,600マイル(2,575km)。外部に100ガロン(380L)の増槽燃料タンクを搭載することで2,200マイル(3,540km)へ航続距離を増加させることができます。 販売価格は射出座席や内装等カスタム機能に応じて500~700万ドルを予定。FAAとEASAの認証プロセスがスムーズに実行された場合、2019年頃の一般販売を目標としています。
戦闘機年鑑 2013-2014 (イカロス・ムック)戦闘機年鑑 2013-2014 (イカロス・ムック)
青木 謙知

世界の艦船増刊 世界の海軍2013-2014 2013年 04月号 [雑誌] AV-8B ハリアーII (世界の名機シリーズ) 新兵器最前線シリーズ14 四輪駆動ライトアーマー戦闘車 2013年 06月号 [雑誌] 軍事研究 2013年 05月号 [雑誌] 世界の傑作機No.155 Bー26マローダー (世界の傑作機 NO. 155)

by G-Tools
cd02db14.jpg
7d378c00.jpg


3f70f558.jpg


民間ビジネスジェト機で現在、高速巡航性能を持つ機体は「セスナ・サイテーションX」と「ガルフストリームG650」のマッハ0.925であり、両機とも快適なキャビンを持つ小型ジェット機です。S-1は速度と離着陸性能に特化することで1海里(1,852m)の推定運用コストは2ドル、燃費は両社のビジネスジェット機に比べ20%程燃料消費を抑えています。セーカー・エアクラフト社は世界最速の民間のジェット機製造を目的に2012年4月18日に設立。現在は開発に必要な資金への投資を呼び掛けており、最小投資額10万ドルとなっています。創業者兼最高経営責任者(CEO)であるショーン・ジレットは「S-1は私にとって生涯の夢であり、この素晴らし航空機を世界中の人々と共有できたことに興奮している。我々は事前受注開始に向け次の段階に入ったことに喜びを感じます。」と米インターネットメディアに述べています。生産は北米を予定していますが、飛行可能な試験機製造まで課題が多く、実現には相応の資金と時間が必要と見られています。

■Saker Aircraft【公式サイト】
http://www.sakeraircraft.com/