Boeing WestJet-737-MAX

2013年9月26日、ボーイングはカナダの格安航空会社(LCC)『ウェストジェット』より737 MAXを計65機受注したことを発表しました。受注内訳は737 MAX8(150席クラス)が40機、737 MAX9(170席クラス)が25機。カタログ価格で総額63億ドル(約6,203億円)の契約となります。この契約は2013年8月に交わした購入覚書が確定したものです。納入は2018年~2021年を予定、ボーイングの737 MAXの確定発注は、これにより1,567機となります。
日本のボーイング737 〔新・旅客機型式シリーズ03〕 (イカロス・ムック 新・旅客機型式シリーズ 3)日本のボーイング737 〔新・旅客機型式シリーズ03〕 (イカロス・ムック 新・旅客機型式シリーズ 3)

ANA SKY STORY (イカロスMOOK) BOEING JET STORY (イカロス・ムック) カラー図解でわかるジェット旅客機の操縦 エアバス機とボーイング機の違いは?自動着陸機能はどういうしくみなの? (サイエンス・アイ新書) 旅客機で飛ぶ Microsoft Flight Simulator x コース攻略テクニック JAL JET STORY (イカロス・ムック)

by G-Tools

ウェストジェットはカナダ・アルバータ州カルガリーに本部を置く格安航空(LCC)で、1996年3機の航空機で5つの都市を結ぶカナダ西部の地方航空会社としてカルガリーの起業家グループによって設立されました。設立以降、急速に発展を遂げ、カナダ要都市、北米、中米、およびカリブ海諸国の80以上に就航しており世界で特に成長の早い航空会社のひとつとされます。保有機材はボーイング737-600、737-700、737-800とボンバルディアQ400で機体寿命の高い順に置き換えていくとしています。

■ボーイング:プレスリリース
Boeing, WestJet Announce Order for 65 737 MAX Airplanes