Gripen-NG Brazil

2013年12月18日、ブラジル連邦政府は次期戦闘機選定においてスウェーデン・サーブ(Saab)『グリペンNG』を選択したことを発表しました。導入機数は36機、契約には運用サポートやパイロットのトレーニング、フライトシミュレータ、技術移転、産業協力などが含まれており、契約額は総額契約総額45億ドル(約4,680億円)と推定されています。ブラジルの次期戦闘機については、サーブ(スウェーデン)のグリペンNGのほか、ダッソー(フランス)ラファール、ボーイング(アメリカ)F/A-18が受注競争を行っていました。政府は今後サーブと価格の詳細交渉を行い2014年末には契約を結ぶ方針。機体はブラジル国内で組み立てられ、空軍への納入時期は2018年頃を予定し残りの機体は2023年まで順次引き渡されます。
JAS39 グリペン (イカロス・ムック 世界の名機シリーズ)JAS39 グリペン (イカロス・ムック 世界の名機シリーズ)
嶋田 久典

ユーロファイタータイフーン (イカロス・ムック 世界の名機シリーズ) F-16ファイティング・ファルコン (イカロス・ムック 世界の名機シリーズ) AV-8B ハリアーII (世界の名機シリーズ) Su-27 フランカー (世界の名機シリーズ) パナビア トーネード (イカロス・ムック 世界の名機シリーズ)

by G-Tools

導入計画は予算の都合上数度にわたり決定が延期された為予定を大幅に経過。その間フランス空軍のミラージュ2000中古機を12機購入し運用していましたが老朽化により全機退役する事態になり後継機導入が緊急の課題となっていました。導入発表を行ったブラジル連邦政府セルソ・アモリン(Celso Amorim)国防相は性能に加えて全体的なコストの安さと、全面的な技術移転が受けられることを理由にグリペンを選んだと説明。「機体をブラジル国内で組み立て、自国の防衛産業振興につなげることがブラジル側の主な要求事項だった。次期戦闘機計画によってブラジル最大の航空機メーカー「エンブラエル」は大きな恩恵を得るだろうだろう」と語りました。サーブはサン・ベルナルド市において1.5億ドル航空機組立工場を建設することも確約しています。グリペンNGは第1防空群が運営するダッソーミラージュ2000Cと他の4個飛行隊で運用中のF-5EMに置き換えられます。

■サーブ(Saab)プレスニュース
The Brazilian Air Force aiming at a procurement of 36 Gripen NG