NewZealandAirForce_T-6C

2013年1月27日、米航空メーカー「ビーチクラフト」社はニュージランド政府より『T-6C(テキサンII)』11機受注。合わせてパイロット訓練・サポート契約を締結したことを発表しました。契約は1月24日にニュージランド政府ヘレン・クィルター国防長官とビーチクラフト・ディフィンス社長ラス・バートレットが署名し、正式に1月27日にジョナサン・コールマン国防相が公表しました。両契約の総額は1.54NZドル(約132億円)。2014年11月に4機が「ロイヤル・ニュージーランド空軍(RNZAF)」に納入され、2015年までに全11機デリバリー完了予定。機体以外に飛行訓練シミュレータ、コンピュータベースの訓練教材と30年間のスペアパーツ、保守サポートを提供します。11機のT-6Cは老朽化が進むパシフィック・エアロスペース社製訓練機CT/4を置き換えられんます。
戦闘機年鑑 2013-2014 (イカロス・ムック)戦闘機年鑑 2013-2014 (イカロス・ムック)
青木 謙知

世界の艦船増刊 世界の海軍2013-2014 2013年 04月号 [雑誌] AV-8B ハリアーII (世界の名機シリーズ) 航空ファン 2014年 03月号 [雑誌] パナビア トーネード (イカロス・ムック 世界の名機シリーズ) F‐16―エース・パイロット 戦いの実録

by G-Tools

T-6C(テキサンII)は、コックピットとアビオニクスを更新したシリーズ最新モデルで、ヘッドアップ・ディスプレイ(HUD)、アップフロントコントロールパネル(UFCP)、多機能ディスプレイ(MFD)およびハンズ・オン・スロットルとスティック(HOTAS)を統合したグラスコックピットを備えています。翼下に片側3箇所のハードポイントが設けられ、外部燃料タンク及び一部兵装も装備可能です。ビーチクラフト・ディフィンス社長ラス・バートレットは次のように語っています。「ロイヤル・ニュージーランド空軍(RNZAF)はパイロットの訓練能力の近代化を開始したように、我が社は安心の実績と低リスクかつ優秀なソリューションを提供することができました。私たちはRNZAFとチームを組めることを誇りの思い、今後の発展を楽しみにしています。」

■ビーチクラフト:プレスリリース
Beechcraft Signs Contracts with Royal New Zealand Air Force for 11 T-6C Trainer Aircraft and Fully Integrated Flight Training Solution