翔州一号

2014年4月4日、国営企業、中国船舶重工(CSIC)傘下の「702航空開発有限公司」が開発した地面効果翼機「翔州1」は中国船級協会耐空証明を取得したことが発表されました。中国初の商用運航へ向け実用量産機の製造に着手し中国各地の湖や沿岸で遊覧・短距離乗客輸送や捜索・救助など幅広い分野で普及を目指します。公開された翔州1のカタログデータは全長12.7m、全幅11m、全高3.9m、最大離陸重量2.5トン、上昇可能高度30~50m、巡航速度140~160km/h、航続距離400キロ、波高0.5mで運用が可能。水密区画を備え乗客7人に乗員2名の計9人乗りの小型地面効果翼機です。
航空力学の基礎 第3版航空力学の基礎 第3版
牧野光雄

飛ぶ力学 ATC入門 VFR編 ジェット旅客機をつくる技術   エアバス機とボーイング機のつくり方の違いは? 長い主翼や胴体はどうつくって、なにで運ぶの? (サイエンス・アイ新書) 航空機力学入門 新しい航空気象(改訂13版)

by G-Tools
中国では地面効果翼機を波が比較的穏やかな海や湖での運用を想定するクラスB、高度50m以上上昇可能で波の高い海、雪原でも運用可能なクラスAと2つのカテゴリーに分け、1967年以来クラスAを主体に独自の地面効果翼機の研究を続け、DXF100、天一型など10タイプ以上の小型試験機を開発し実用化に向け予算を投入してきました。翔州1を開発した702航空開発有限公司では最大50人乗りの大型機を計画中で、巡航速度350km/hのソ連同様軍用型も視野に入れています。中国政府は南シナ海、東シナ海の海洋権益の増加と保守を目標に、中国船舶重工集団公司は造船業界の今後の方向性として国を挙げ取り組む姿勢を見せています。

■中国共産党中央委員会機関紙『人民日報』
我国首型“海上飞船”迈进商用阶段