Air-Force-One-747-8

2015年1月28日、アメリカ合衆国連邦国防総省は次期大統領専用機「エアフォースワン(VC-25)」の後継機にボーイング社製747シリーズ最新モデル「747-8」型機を選定したことを発表しました。ボーイング社と製造開発契約は交渉段階で発注金額や仕様内容は後日通達されます。後継機選定は昨年より開始され、アメリカ空軍が要求する現在生産中の4発エンジン搭載ワイドボディ機としてボーイング747-8とエアバスA380が候補でしたが、エアバスはアメリカ本土への最終組立工場の新設は非現実的として提案を見送ってます。次期専用機は現行機より航続距離、燃費・騒音の改善され運用費用の低減の他、内装の換装、空中給油受油装置、電子機器、各種防御装置の追加の等改造が施される予定です。
エアフォースワン・ダウン【完全版】 [DVD]エアフォースワン・ダウン【完全版】 [DVD]
ピーター・スネル

ワイルドフェル屋敷の人々 アン・ブロンテ原作 [DVD] マスター・オブ・ザ・ドラゴン [DVD] シャーロック・クロニクル ハウエルズ家のちょっとおかしなお葬式 [DVD] エンド・オブ・ホワイトハウス [DVD]

by G-Tools
機種選定理由にデボラ・リー・ジェームス空軍長官は声明で「747-8型機は大統領の任務遂行にあたり、必要な機能を満たすアメリカで製造される唯一の航空機であり、アメリカ国民の国益にかなっている」と述べています。アメリカ空軍は老朽化が進むVC-25後継機開発・調達に備え2015年~19年度予算に16億5000万ドル(約1,947億円)を確保。ボーイング社は、設計、製造、飛行試験を実施し運用訓練プログラムを提供します。747-8は2013年以降インターコンチネンタル(旅客機タイプ)の受注が無く、現在の月間1.5機の低率生産速度でも2017年に契約分、合計51機の納入を終えてしまう為、ボーイングでは生産終了の可能性も示唆していました。空軍は、生産中断におけるコスト増加を回避するために、2015年末までに契約を最終決定する必要があります。

■アメリカ合衆国連邦国防総省:プレスニュース
Air Force Identifies Platform for Next Air Force One