Copa-Airlines_737max

2015年4月10日、ボーイングはパナマのフラッグキャリア「コパ航空」より同社が開発中の次世代737ファミリー MAX 8と9を計61機受注したと発表しました。受注内訳は未定、カタログ総額66億ドル(約7,920億円)となり、パナマと米国企業の間では過去最大規模の商取引となります。コパ航空では既存の737型機を更新し、20%の座席割合拡大、14%の燃費改善、8%の運用コスト削減します。調印式には、パナマのフアン・カルロス・バレーラ・ロドリゲス大統領と米国のバラク・オバマ大統領も列席する式典が開かれました。
チャーリィ古庄の世界の旅客機捕獲標本 (イカロス・ムック)チャーリィ古庄の世界の旅客機捕獲標本 (イカロス・ムック)
チャーリィ古庄

ルーク・オザワの ヒコーキ写真の撮り方: 光、空、風景で魅せる! ビックリ飛行機でゆく世界紀行 デジタルカメラ飛行機撮影術 プロに学ぶ作例・機材・テクニック (アスキームック) 東京国際空港 (イカロス・ムック) プロはこう使う。 キヤノン EOS 7D Mark II (インプレスムック)

by G-Tools

0478c5c1.jpg


コパ航空は、1947年にトクメン国際空港を拠点に設立は、ラテンアメリカにあるハブ空港の中で最も多くの目的地や頻度を提供し、パナマのフラッグキャリア地位を確立しています。2005年にはコロンビアで第2位の航空会社であるアエロリパブリカを買収し、2010年にはアエロリパブリカのブランド名をコパ航空コロンビアに変更。現在では、旅客と貨物サービスを提供するラテンアメリカで有数の運航会社となっています。現在は北米、中米、南米、およびカリブ海地域の30カ国69カ所の目的地へ就航。2013年にはスカイトラックスより「中米とカリブ海地域のベスト航空会社」や「中米とカリブ海地域のベストスタッフサービス」の2つの賞を受賞しています。737 MAXファミリーの受注総数は、世界57ヵ国、2,715機となります。

■ボーイング:プレスリリース
Panama's Copa Airlines, Boeing celebrate $6.6 billion 737 MAX agreement