jal_atr42-600

2015年6月15日、鹿児島空港に本社を置くJALグループ「日本エアコミューター(JAC)」はフランスで開催中の「パリ・エアショー2015(International Paris Air Show)」にてATR社のターボプロップ小型旅客機「ATR42-600」を最大23機導入することを発表しました。発注内訳は確定が8機、オプションが1機、購入権が14機の計23機。発注総額はカタログ価格で約620億円。日本の航空会社でATR機の導入は天草エアラインに次いで2社目、自社購入契約は日本エアコミューターが初。2017年1月に初号機を受領し、鹿児島空港を発着する路線などに順次投入する。
翼がくれた心が熱くなるいい話   JALのパイロットの夢、CAの涙、地上スタッフの矜持・・・翼がくれた心が熱くなるいい話 JALのパイロットの夢、CAの涙、地上スタッフの矜持・・・
志賀内泰弘

大空では毎日、奇蹟が起きている。―JALのスタッフだけが知っている心温まるストーリー (オープンブックス) 稲盛和夫流・意識改革 心は変えられる――自分、人、会社全員で成し遂げた「JAL再生」40のフィロソフィ 空の上で本当にあった心温まる物語2 (心温まる物語シリーズ) 絆の翼―チームだから強い、ANAのスゴさの秘密 空の上で本当にあった心温まる物語 (心温まる物語シリーズ)

by G-Tools
ATR42-600型機はATRが製造する最新鋭小型ターボプロップ機。エンジンをPW127Mへ換装し燃費を改善。コックピットにエアバスA380の技術を取り入れたグラスコックピットに換装。客室内は同クラスのターボプロップ機と比べて手荷物収納スペースが大きく、LED照明によって明るく快適な空間となっている。JACは現在、10機のSAAB340型機(36席仕様)、11機のボンバルディアDHC-8-Q400型機(74席仕様)で27路線1日141便を運航しています。JAC代表取締役社長の安嶋 新氏は「SAAB340が20年を超える機齢になってきたことから新機材導入のニーズがあった。また、JACは距離の短い、多頻度な路線が多いので、それに合った飛行機ということで今回の選択となった」と説明。基本的には新規路線開拓のための機材導入ではなく、既存機材の置き換えのために導入するものとした。

■ATR:プレスリリース
Japan Air Commuter signs ATR milestone contract: 1500th aircraft sold