787-9-fistflight

2013年9月17日、ボーイングは同社の新鋭中型ジェット旅客機「ボーイング 787(ドリームライナー)」長胴型787-9(N789EX)の初飛行を無事終え、2014年半ばに予定している認証取得とデリバリーに向けてフライトテストを開始したことを発表しました。初飛行は午前11時02分(現地時間)に米ワシントン州エバレットのペイン・フィールドを離陸、午後4時18分(同)にシアトルへ着陸し5時間16分間の初飛行を成功裏に終えています。操縦を担当したのは787-9型機シニア・プロジェクト・パイロットのマイク・ブライアンと787型機チーフ・パイロットのランディ・ナヴィルで、離陸後は北方にルートを取り、最高度20,400フィート(6,218メートル)まで上昇、最高運航速度も時速250ノット(時速463km)を記録しました。
ボーイング787 ~最新鋭旅客機の秘密がわかる~ボーイング787 ~最新鋭旅客機の秘密がわかる~
チャーリィ 古庄

世界の旅客機Top45 (Top45シリーズ) 新幹線に乗るのがおもしろくなる本 (扶桑社文庫) 飛行機に乗るのがおもしろくなる本 (扶桑社文庫) 世界最強!アメリカ空軍のすべて (サイエンス・アイ新書) 「新羽田空港 底なし沼に建設せよ」 ―創意は無限なり (プロジェクトX~挑戦者たち~)

by G-Tools



初飛行を行った機体はロールスロイス製トレント1000エンジンを搭載、現在、エバレット工場にて最終組立作業中の機体にはGE製GEnxエンジン搭載した1機を含めた2機のテスト機を加え、数ヶ月にわたって安全性や信頼性など様々なテストを実施します。787-9は、基本モデルである787-8より全長が20フィート(6.1m)長くなり座席数が40席増加、航続距離は約300海里(555km)延長します。787-8型機プログラムでは日本企業が機体の35%の製造、胴体や主翼用の複合材、機内エンターテインメント・システム、ギャレー、化粧室、タイヤの供給など重要な役割を担って頂いており、787-9型機プログラムにおいても、三菱重工業、川崎重工業、富士重工業、東レ、ジャムコ、パナソニック・アビオニクス、ブリヂストンなどの日系各社が参画しています。開発プログラムは予定通りに進捗しており、初号機のデリバリーはニュージーランド航空向けに2014年半ばを予定。787-9型機の受注はこれまでに25社から388機で、787型機全体の受注数の約40%を占めています。

■ボーイング:プレスリリース
Boeing Flies First 787-9 Dreamliner