xp67

第二次大戦末期、マクドネル・エアクラフト社が開発した試作戦闘機『XP-67(バット)』アメリカ陸軍用のプレゼンテーションフィルムです。XP-67は1940年にアメリカ陸軍航空隊が求める長距離・高高度迎撃用戦闘機プロジェクトに創業間もないマクドネル・エアクラフトが応募し開発がスタートした同社初の軍用機。全金属製モノコックの胴体とエンジンナセルを滑らかな曲線で繋ぐ翼型断面形状(ブレンデッドウィングボディ)と排気管をエンジン後部に設け、タービン排気も利用し加速性を高める従来機に無い斬新な設計は軍から高い評価を受けました。1944年1月6日、武装・予圧キャビンを持たない試作1号機が初飛行に成功しますが、搭載エンジンの「コンチネンタル XI-1430」の不具合と機体改修問題に直面し、想定より性能が大幅に低下することが判明します。1944年9月6日、陸軍の評価試験中右エンジンから出火、緊急着陸後機体が大破する事故を契機に計画はキャンセルされ、組立中の2号機も廃棄されています。
世界の駄っ作機世界の駄っ作機
岡部 ださく

世界の駄っ作機〈2〉 世界の駄っ作機〈3〉 世界の駄っ作機 番外編―蛇の目の花園 世界の駄っ作機〈4〉 世界の駄っ作機〈5〉

by G-Tools


ニコニコ動画(予備)