MAKS2013

「MAKS(Международный авиационно-космический салон)」は2年に一度開催されるロシア最大の国際エアショーです。ロシア近郊にあるジュコーフスキー飛行場(ラメンスコエ空港)で8月に開催され、ロシア航空・宇宙産業の他、世界40ヵ国800社の関連企業が参加する一大航空見本市です。1993年開催以降、規模が例年拡大され昨年は44万人が訪問し、100億ドル以上の契約が締結されています。前半29日までが業界関係者によるトレードデー、後半30日からが一般公開のパブリックデーになります。エアショーでは国内外の航空機が地上、飛行展示で多数参加する他、ロシアの最新鋭のステルス戦闘機「PAK-FA(T-50)」や新型旅客機「SSJ100」の展示飛行等、普段見る機会の無いロシア製航空機が間近で見れるとあって世界中から航空ファンが訪れます。

「MAKS2013」の詳細は以下から
177fb90f.jpg


■開催期間
2013年8月27日(火)~ 9月1日(日)
※27~29日はトレードデー、30日~一般開放パブリックデー

■会場
ジュコーフスキー飛行場

■時間
AM10:00~PM18:00

■入場料・料金(1人)
普通(1日券)/500 rub. ~ 600rub.)
スペシャリスト(1日券)/2000 ~ 2200rub.
フォトグラファー用(1日券)/9000 ~ 11000rub.
軽車両用駐車場/1600 rub.
6歳以下 無料

※1rub(ルーブル)3円程

■注意事項
※海外では「自分の身は自分で守る」との心構えをもって、渡航・滞在の目的に合わせた情報収集や安全対策に努めてください。
※日本国籍者がロシア連邦への入国するためには、東京、札幌、大阪または新潟いずれかの在日ロシア領事部(館)にビザを申請する必要があります。

※セキュリティチェックがあります。持ち込み禁止品に注意してください。
※警備は警察及びロシア国内軍が多数動員されます。許可の無い場所には近づかないでください。
※当ブログの情報を元に閲覧者に損害または不利益、トラブルが生じても管理人は一切責任も負えません。

■所在地
MAKS, Международный Авиа-Космический Салон, ОАО

■お問合わせ
ジュコフスキーオフィス(+7(495)787-66-51)

■アクセス
Kazanski Railway駅(Komsomolskaya地下鉄の駅)かVykhino地下鉄の駅からOtdih駅から、その後無料のシャトルバス


大きな地図で見る

■「MAKS」公式サイト
http://www.aviasalon.com/en/