iranr0615イラン・イスラム共和国は15日、国産衛星「ラサド1」の打ち上げに成功したと発表しました。同国のサフィルロケットによって打ち上げられ「ラサド1」は上空260kmの地球周回軌道に投入され、打ち上げが成功しました。イランが国産衛星を打ち上げたのは2009年2月の「オミド」以来、約2年半ぶり。衛星の重さは15.3kgと小型、高度260kmの軌道上を1日15回周回しながら地上を撮影し、画像を基地に送信するという。衛星の目的は精密な地図作製に役立てられると伝えたが、軍事目的にも転用できる可能性があります。


打ち上げに使用したサフィールロケットの前身シャハブ3は北朝鮮「ノドン弾道ミサイル」を元に開発したとみられているだけに、欧米諸国は、イランが宇宙計画の名の下に、核弾頭の搭載が可能なミサイルを開発するのではないかと懸念を示しています。一方のイランは、宇宙計画も核開発計画と同様に平和利用が目的だと主張しており、2月に発表した4種類の国産衛星の試作版を2012年3月までに打ち上げたいとしている。国営テレビによると、国産衛星「ラサド1」の設計、組み立てなどすべての工程は国内で行われたとのこと。

彼女が消えた浜辺 [DVD]彼女が消えた浜辺 [DVD]

ペルシャ猫を誰も知らない [DVD] シチリア!シチリア!スペシャル・エディション [DVD] 太陽に灼かれて [DVD] 白いリボン [DVD] シルビアのいる街で [DVD]

by G-Tools