2009年4月1日エイプリルフールにYOTELというホテルグループが旧ソ連製試作大型ヘリコプター「Mi-12」をベースに『空飛ぶ高級ホテル(Hotelicopter)』を建造し初就航ツアーを発表したことで世界中で話題になりました。これは4月1日のエイプリルフールのネタだったわけですが機体仕様とツアースケジュールを発表したことで実際に信じてしまった人も多かったようです。Hotelicopterは実在するホテル予約サイトで、このエイプリルフールを利用したプロモーションは高い宣伝効果を発揮し一躍有名になりました。
発表された初就航ツアー
① 6月26日(金)に出発して、バハマ、ジャマイカ、ドミニカなどを回る14日間のサマーツアー
② 7月17日(金)出発14日間のカリフォルニアツアー
③ 7月31日(金)出発16日間のヨーロッパツアー

世界のエイプリルフール・ジョーク集 (中公新書ラクレ)世界のエイプリルフール・ジョーク集 (中公新書ラクレ)
鈴木 拓也

世界の日本人ジョーク集 (中公新書ラクレ) 頭がよくなるユダヤ人ジョーク集 (PHP新書) 続・世界の日本人ジョーク集 (中公新書ラクレ) 大人のジョーク (文春新書) 世界反米ジョーク集 (中公新書ラクレ)

by G-Tools
1


2


3


4


5


6


7


8

機体仕様は全長42m、全高28m、最大速度255km、最大離陸重量105.85t、航続距離515km、4基の大型ターボシャフトエンジンで大型ローターを回し、4基のタグデットファンを追加。Mil-12を改造するだけでは対応できない内容は新規設計になりそうです。また、これだけの機体を建造しても開発費や運用費が膨大になることが予想され、需要も当然少ないことから計画すら出ないと思われますが、非常にロマンのある内容だったと思います。