CRHRFP

2012年10月22日、アメリカ空軍は次期戦闘捜索救難ヘリ(CSAR-X)提案依頼書(RFP)を発表しました。次期戦闘捜索救難ヘリは老朽化が進むHH-60G(ペイブ・ホーク)の後継機として、112機の導入を予定しており、総額100億~150億ドル(約8000億~1.1兆円)規模の大型契約です。2006年11月9日にボーイング社がCH-47(チヌーク)の改造案「HH-47」に採用が一時決定していましたが、入札競争に敗れたロッキード・マーティン、シコルスキー両社が判定基準が仕様書に一致しないとして異議を申し立てたことで、米会計検査院による調査が実施され再入札が決定していました。
最強 世界の軍用ヘリ図鑑最強 世界の軍用ヘリ図鑑
坂本 明

最強 世界の潜水艦図鑑 決定版 世界の航空母艦FILE 軍用ヘリコプター完全ガイド (イカロス・ムック) [カラー図解]銃のギモン100 世界の最強兵器FILE―決定版

by G-Tools

戦闘捜索救難ヘリ(CRH)は遭難した航空隊員や戦争地域で孤立した人員の救助、自然災害での人道支援、緊急医療等が主任務です。特に敵地では迅速な捜索と救出を阻止する敵に対する自衛能力が求められ、夜間や低空における飛行能力の強化ほか、良好なホバリング性能、空中給油能力、高いペイロードが求められます。米空では優先順位の高い取得プログラムの為、前回のRFPを修正し、より具体的な数値と選定基準を設け、早期導入への低リスク、低価格を求めています。前回の候補はボーイング社のCH-47(チヌーク)を基本とした派生機「HH-47」、ロッキード・マーティン社とアグスタウェストランド社が共同提案するAW101の改造型「EH-101」、シコルスキー社が世界各国と国際共同開発した民間大型汎用ヘリコプター「S-92」の軍用向け改修機「HH-92」の3機種でした。

■参照記事:米空軍プレスニュース
Air Force releases RFP for next search and rescue helicopter