RQ180

2013年12月6日、米航空宇宙専門誌「Aviation Week & Space Technology」がノースロップ・グラマンが米空軍より発注を受け、極秘裏に開発中の新型ステルス無人偵察機『RQ-180(エクリプス)』の情報と作成した想像図を公開しました。RQ-180は2011年イランに鹵獲され話題となった「RQ-170(センチネル)」の後継機と考えられており、対象国への諜報、監視、偵察(ISR)任務に投入されるとしています。Aviation Weekでは開発拠点とされるパームデール飛行場と、ネバダ砂漠内のグレームレイク空軍基地(通称エリア51)と呼ばれる米空軍試験施設に、翼幅130フィート(約40m)級のハンガーが新設され、既に飛行試験が行われているとしています。運用は空軍とCIAが共同担当し2015年ごろには実戦投入が可能になるだろうと予想しています。但しRQ-180につて米空軍、ノースロップ・グラマン社も全くコメント及びプレスを発していません。
CIA極秘マニュアルCIA極秘マニュアル
H・キース・メルトン ロバート・ウォレス 北川 玲

最強の呼吸法 システマブリージング超入門 [DVD] これがシステマの極みだ! 創始者セミナー Vol.1 Basic編 最適な呼吸で可能性を引き出す [DVD] 元ドイツ情報局員が明かす 心を見透かす技術 組織と手口を明らかにする! 世界の諜報機関 (別冊宝島 2064) 証言 陸軍中野学校 卒業生たちの追想

by G-Tools
機体にはノースロップ・グラマンが海軍用に開発中のステルス無人攻撃機「X-47B」の技術が投入されているとされ、RQ-170以上の航続距離と24時間の滞空性能、新型フェーズドアレイレーダー(AESA)に受動電子監視対策として、高周波センサーを搭載しているほか、電子戦能力を装備する可能性があります。空軍ではRQ-4B(グローバルホーク)を高コストを理由に調達中止を決定しており、議会の反対にも関わらず前線では退役させる方針で、今回のリーク情報がRQ-180の実用化に目途がついた為ではないかとAviation Weekでは予測しています。ノースロップ・グラマン社では2008年の財務報告書で米空軍と20億ドルの追加契約を行っていることを公開していますが、具体的な内容は公表されずB-2、RQ-4、X-47Bのアップグレード費用と考えられていました。

Full

■Aviation Week
EXCLUSIVE: Secret New UAS Shows Stealth, Efficiency Advances