250prea国内初の格安航空会社「ピーチ・アビエーション」は12月15日、大阪で開催した記者会見で、2012年3月1日に就航する関空-札幌、関空-福岡の最安運賃を片道250円に設定したことを発表しました。3月24日までの就航記念運賃で2路線であわせて5000席限定で、予約開始日や予約方法は同社ホームページで今後公開することのこと。同社は5月には関空と韓国・仁川も結ぶ予定。一方、スカイマークも来年3月の関空-新千歳、那覇線の就航を表明しており、航空運賃の価格競争が関西でも本格化します。
同時期に適用される就航記念以外の運賃体系は、予約のタイミングや空席状況によって価格が変動する空席連動型で、付帯サービスが付かないシンプルな「ハッピーピーチ」と、座席指定や受託手荷物1個、予約変更などの追加料金が不要になる「ハッピーピーチ・プラス」の2種類。運賃は、福岡線が片道3780円~1万1780円。新千歳線は4780円~1万4780円。ただし座席指定料や受託手荷物料金は含まれておらず、これらのサービスを利用するには別途追加料金が必要です。また、インターネットからの新規予約以外は、予約手数料がかかるなどLCC特有の徹底したコストマネージメントを実施しています。会見で代表取締役CEOの井上慎一氏は、「レガシーキャリアに慣れている日本の消費者に、ピーチのサービスコンセプトを正しく理解してもらうように訴えかけていくことが肝要。やってみなければわからないことも多いので、発売後も顧客の意見を広く反映してサービスを磨き上げていきたい」と語りました。

格安航空会社が日本の空を変える格安航空会社が日本の空を変える
赤井 邦彦

大丈夫か!? 格安航空会社 (マイコミ新書) エアライン敗戦―格安航空来襲とJAL破綻 (中公新書ラクレ) 図解 これからの航空ビジネス早わかり 航空産業入門―オープンスカイ政策からマイレージの仕組みまで 破天荒!―サウスウエスト航空 驚愕の経営

by G-Tools